マイナーな音楽を聴いてたオタクがリアルで意思疎通ができた回

タイトルにあるように(こいついつもこのフレーズで書き始めてんな)僕はマイナーな音楽が大好きで、滅多にその話が他人とできない。まずその上に主張が激しいのだ。

例えば声が入ってる音楽は全くとは言えないが、聴けない。とはいえ苦手ながらも聴くことはできる。が、全く響いてくるものがない。正直日本語の歌詞とかどこがいいのかさっぱりわからない。不快になった方がいたら申し訳ない。

じゃあ、お前はよく言われるように楽器としての声なら満足するのかと言われればそうであるしそうでないと思う。

例えばの話これこれのバンドのこれこれの曲の声は好きだが同じこれこれのバンドのそれそれの曲の声は嫌いという自分でもよくわからないことがよくある。(今気がついたけど声=ボーカルね、申し訳ないです)

まあうだうだ言ってもあれなのでここら辺で要約するととにかく声が入ってる音楽があまり好きでなくて、インスト(クラッシックみたいな楽器だけの曲)が好きなのだ。

で、これまた謎なのだが、インストの曲を作るミュージシャンはマイナーな範疇になる。リアルで少なくとも僕の聴いてる音楽の9割がどっかであのバンドいいよねとかそういうことを聞いたことがない。それはお前が誰とも話さないからだって?ごめんなさい。

で、そんなだからいつも宮地くんは音楽どんな曲を聴くのと訊ねられると返答に窮する。うわあって思われたくないし、場を凍りつかせたくないので。

まあでも結局は発達障害の傾向がある人間なのでPerfumeをクソみたいな根暗にした音楽ですとか、音楽をそもそも聴いてないとか、場を冷ますような返答ばかりしてしまう。

で、ある日、学校で親睦会みたいなのがあっていつもお世話になってるカウンセラーの先生に出てみないかと提案され僕も人との会話に飢えていたので試しに出てみるかと思って出てみた。

その回はたまたま人が少なく僕とここではT氏としておこう、この二人しかいなかった。

T氏もどちらかといえば初対面の人間には人見知りの面があるようでお互いあまり会話が進まなかった。

そこでカウンセラーの先生がTくんも音楽好きだったよねー、宮地くんも好きなんだよねー^ ^っておっしゃられた。

おう、やめろやって思ったが、あちらも興味を持ったらしく、好きな音楽の紹介をしてくれたのだが、なんといってもこちらはマイナーな音楽ばかりを聴いていて名前は知っているのだが聴いたことがないミュージシャンだった。

で、ダメ押しにTくんって音楽作ってるんだよねー、宮地くんも音楽作ってるんだよー^ ^とおっしゃられた。

おう、やめろやって思ったがそこでT氏はこいつダメだと思ったらしくネットの世界にある電子音楽なら通じるのだろうと思ったのだろう。

しかし、このノータリンの宮地はそれでもこのT氏との会話が噛み合わなかった。

で、そこで〇〇って人知ってますか?って訊ねられた。

僕は耳を疑った。なぜならそれは僕がネットで使っていた名義だったからだ。

そこからはトントン拍子に話が進み、こいつなんなら知ってんだよって感じの空気も一蹴された。それでも度々いや、僕はあまり好きじゃないですねとか言ってしまったけど。

まーだんだん書くのも疲れてきたし、伝える能力もないのでここらで落とし所を見つけるとして世の中ってのは本当に不思議なことがあるものだ。

その時の僕の嬉しさといったら。

普段誰とも話さずに音楽ばかり聴いていてその音楽の話題もできない人間がこのような運命的な邂逅したので本当に嬉しかった。本当に。

しかし残念ながらこのT氏とは一年近く会えてない、悲しいなあ。

Aphex Twinがこの流れを作ってくれた。ありがとうAphex Twin

今日は突然予約して病院に行ってきた。で、昨日起きたことというのは学校のカウンセラーの先生の前でもう死んでしまいたいと言ったことを話した。

先生はどういうわけかいつもより長く時間を割いてくれた。

で、どうしても人と話せないという話題になった。まあそれもしたかった話の一つだったから好都合というかなんというか。

話していくうちに僕が人と話すのが苦手なのは僕が小学校中学頃に普通の人やるはずであったことを経験してこなかったらことに起因するらしい。

それで僕はかなり取り乱しそうなのは発達障害の傾向があるから、つまりグレーゾーンだからですよね?って言った。お前は怠け者だとかお前が何もしてこなかったからだと言われてもいないのに。

これにはきっと昔から病気でもないのにただただ学校に行かない、つまりズル休みをしてそれで叱られていたことに起因するのだろう。高校になってもよく両親や教師、果ては友人にも言われ続けた。いわばトラウマになってるらしい。

でも僕としては学校に行かなかったのではなく、行けなかったのだ。あの頃は分からなかったが、今ならわかる。

スピーチ、学芸会、教師のヒステリックな怒声、緊張、そして自分のボケっとした頭のせいで怒られる。

もう毎日が怖くて仕方なかった。だから行けなかった。

それを話しても誰にも理解されないのではないかと今でも思う。

だから今日発達障害の傾向があるからですよね?自分が弱いからじゃないんですよね?あれは仕方なかったんですよね?とそんな必死な気持ちで聞いた。

答えはそうであるし、そうでないといったものだった。つまり僕は社交不安と発達障害の間の子、ボーダーだ。

まあこのボーダーってのはウェクスラーを受けて結果が出た時から言われたことだが。

で、ここからは今日の病院の話とはなんの関係もないのだが、僕は前から自分がグレーゾーンだからどこからが発達障害でどこからが甘えというか、弱気から来てるのか分からずそれに苦しんでる。

重度の障害じゃなくて明言はされないものの軽〜中度の障害だと思う。

だから度々葛藤というか思い悩んでしまう。

今日は運命の別れどころといっても過言でない日だ。

今日の9時ごろに学校に電話する。直接赴いて話そうかと思ったけどやめた。

天候が悪いようだし1時間半も電車に乗ってそしてまた1時間半も乗って帰ってくる自信がない。

だから電話する。いけないか?

そしてそこで身の上話をして多分泣くだろう。そしてなだめられるか、そう、で終わるかだ。

多分今日という日で終わるものではないと思う。もしかしたら一時的な気の迷いと思われて教務課に相談しろと言われるかもしれない。

それに医者もどういうかわからない。

正直いって今まで当然として行使してきた権利を失い引きこもって生きてるのか死んでるのかわからない生活をするのは怖い。

25歳になったら死ぬ話

タイトルにもあるように25歳になったら死のうと思う。なぜ25歳になったらというとキリがいいし昔25歳になったら死ぬマンというアカウントを見たことがあるからそれをリスペクトすることにする。

ていうのもこれはさっき浮かんだことで後一年半ほどしか猶予がないがまあ若いうちに死ぬのもいいしもし25になるまでに何か希望があれば生きるのも良しって感じで。

こういう考えに至ったのもやりたいことはなに一つできないし、生きていて楽しくもないしあるものはクソみたいな精神と飲みたくもない薬を飲まないといけないから。結婚とかもできないだろうし。

まーあここまでグダグダ述べたが俺だって本当は死にたくないし、楽しい思いをして生きていたい。これに尽きる。だからナマポか年金降りねえかなあって思う。無理だろうけどね。

とりあえず明日は学校に行って、行けなくても電話して退学の旨を告げてなんで25になったら死ぬのかを伝えてくるつもりです。

 

なにもできないじゃないか

僕が大学に入ったのは英語が話せるようになりたかったからだ。でも最近それは無理だなと思ってしまった。

第一に留学できないから。英語を話せるようになるにはそれが手っ取り早いと思った。でもそれは無理だなって思った。だって今でさえ体調がはっきりしない上に僕は発達障害の上双極性だから。

そりゃもし発達障害だけだったら努力すればなんとかなったかもしれない。

が、双極性ってのは精神の糖尿病よろしく一生付き合っていかないといけない病気らしい。だからそんな人間が留学なんて難しいだろうと思う。

なので大学を中退しようと思う。

やりたいことがなくなってしまったら僕みたいな人間は大学に通うのは難しいと思う。これも理由があって僕はそもそもが内向的な人だしゼミだとかそういう話し合いを伴う授業にはついていけないだろう。

じゃあなんでそれがわかってるのなら大学に入ったかというとだからそこで英語が話せるようになりたいっていう願望があったからだ。

つまりその原動力を元になんとか頑張れるじゃないかって思った。でもそれももうなくなった。なくなってしまったのだよ。

だからと言って中退することはないだろうにって思うかもしれないが、上記したように体調がはっきりしない上に内向的だから人と会話するのが難しい。

今だってデイケアに行っても誰とも話せずに4時間音楽を聴いて本を読んでる始末だ。そんな人間がゼミだのなんだのに参加できるわけがあるか。

今から直せとかそんなの最終的にどうなるかわからないだろうとか思われるかもしれない。けど今までそうやってやってきたけどどうにもならなかったのが現実だ。これ以上どうすればいいってんだ。

とりあえず明日学校に行ってカウンセラーの先生と面談する。それが無理でも電話で相談に乗ってもらう。それで問題が解決するわけでもないが。

多分僕はどうにもならない人間なのだろうな。感傷かもしれないがどうしてもそう思ってしまう。

で、そしていつかはどうにもならなくってしまって死んでしまうだろう。もう疲れきってるんだなきっと。

音楽もダメだった。なにをやらせても昔からダメだった。

久々ですが

結局ツイッターツイキャスに飽きたがダラダラとやっている。だからブログもやる。

最近はよく自分はバカだから成功経験が圧倒的に少ない上にバカだから何事もあまりうまくいかないのだなとよく思う。

いろんなことをしたかったが結局のところバカゆえに何もできないし、何か新しいことを始めるのが怖い。失敗するの可能性が大だから。

まあ考え方の違いでこれは甘えだとか努力不足だとかそういう話になるかもしれないが。

いやしかし僕もどうするべきかよくわからない。どう考えても上記の考え方の人の方が圧倒的に多いし。

バカアンド発達障害の自分をどうすればいいのかよくわからない。

この文章を書いていても自分が何が言いたのかもよくわからない。

本当にわからないことばかりだ。

おそらく両親に話してもいい結果にはならないだろうから我慢してくれとしか言いようがない。頑張ってくれ。

 

広告を非表示にする

ツイッターとツイキャス飽きた

飽きた。のでとっととばっくれて今までの人間関係を精算しようかと思うがどうせまた戻ってくるだけだからそれはしない。というかこの二つに飽きたのはなんでだろう。ゲームに忙しいってのもあるけどそれだけじゃない気がする。というかそれ以前にラインとかでも人間関係を保つのにもストレスを感じる。

潮時にしたいがどうにもならないことにもどかしさを感じる。