日記

23歳の自閉症が淡々と自分語りするブログ。ただそれだけ。Twitter:@ghy303

現状についてその4

この記事を書くまでえらい虚無感が募って音楽を聴くのも辛いぐらいになった。よくあることだが。

考えて見たのだが、音楽ができないから虚無感になってるのではなく、虚無感が酷いから音楽ができないというのが実情ではないのだろうか。じゃあどうすればそれがいいかはわからないからとりあえずそのことをありのまま医者に告げるとして今は、音楽のことをうっちゃっといて、なんとか気分を紛らわしながら暮らすしかない。音楽を聴きながら本でも読もう。

しかしまあこのことを言ったらまた薬の数が増えるだろう。何という人生だ。今でさえ7錠毎日飲んでいる!

薬に頼るなと前の医師にはしきりに言われたが今とあの頃は状況が違うのだからやはり学校生活すら送れなくなってしまわないのを防止するためにはやはり薬を増量なり変更するしかないのだろうか。

いつも思う。なぜ僕は毎晩薬を飲まないといけないのか、普通の若者は飲まないで済むだろうに、と。