現状についてその5

前の記事かいつか忘れたけど、努力しても健常者には勝てないのかもしれないって話ししたが、ありゃ一時の感情であってそもそも考え方が違った。それか今の考えに進化した。

というのは僕が健常者であり、尊敬するAくんの輝かしいキャリアアンド今の自分の作曲できないフラストレーションが健常者には勝てないって思考に至らしめたのだが、そうじゃなかった。そりゃ確かに僕はかたわで、作曲は向いてない。そりゃ事実だ。それとAくんが健常者かどうかも置いとこう。もしかしたら、彼も...

ま、そこらへんはどうだっていいんだけど、早い話が僕は健常者云々の前に作曲できない自分の前に作曲できてる上輝かしいキャリアを持ってるAくんと遭遇してしまったからあんな考えになったわけだ。断っとくけどAくんに嫉妬してるとかAくんのせいにしてるわけでもない。あとAくん断らずに好き勝手書いてごめんね。

僕はまあ昔はなんとなーく作曲始めてなんとなーく大学に入ってなんとなーくwais受けたらIQ87だの自閉症だのが出てきて、そこからなんかこう誰に命令されたわけでもないのに自分という存在を、こういう人間がネットを介して現実に存在して、こういう曲を作ったんだよってことを残したい、つまり生きた証を残しておきたいって考えが浮かんだんだよ。他人これを曖昧にだけど考え始めたのは休学中で、原因は多分極度の孤独感とドストエフスキーの白痴のイポリートが書いた物語の一文にある考えによるものだと思う。

で、その生きた証を残したいって欲求が強いんだろうね。それも音楽で残したいって欲求が。これがアスペ特有のこだわりなのだろうか?しかしそう簡単にアスペの特徴と結びつけていいのかな。でも、昔から関心の強いものは離したくないっていう傾向が強かったし…

なぜ音楽なのだろうか。これは最近見た記事なんだけど、自閉症のお子さんを持つお母様が書いててそこでは僕みたいに発達障害には才能があるってあの馬鹿げた説をやんわりと否定したんだけど、その記事で納得がいったのは、確かに発達障害には優れた点があるが、その優れた点と興味が一致しないと意味がないのではということ。その記事だとそのお子さんは聴覚過敏でえらい音の違いを感じることができるらしくて、お母様も最初は音楽に才能があるんじゃないかって思ったらしいけど、ご本人には音楽には全く執着がなかったんだって。

まあだからその点で行くと僕は突出した面は、少なくとも音楽に関連する優れた面はないが、音楽にえらいこだわりがあるってことになるのかな。これがアスペ特有のこだわりになるとしたらだけど。

で、まあやっぱり、本当にやりたかったら才能云々じゃなくてそのこだわりだか執着心だかを原動力にして続くんだろうな。今俗にいうスランプになってるわけだけどそれに僕の執着心が試されてるってわけか。

そういやよく考えればこうやって自分の思考を記事にしてるだけでも自分が生きた証を残してるわけだけどやっぱなんか違うとしか思えないんだよな。熱意がないというか。

現実世界においても一応大学に行って職員さんに話を聞いてもらって、僕はこう思ってるんですってなんとかして自分を伝えようって行動してるけどやっぱりなんか違うんだよ。なんでなんだろうな。読みづらくてごめんね。

そもそも今スランプじゃなくて音楽作れる状態にあったとして実際できるのだろうか?今はまあ前も言った通り1週間通って今週から木曜日は学校でバイトになる。

体力追いつかないんじゃないかなって思う。でそこで欲求を殺して学業に専念すると今度は欲求不満になってパニックを起こしたり発作を起こしたり、乱暴になったりとまあむちゃくちゃ…

今僕は自閉症かどうかはグレーとされてるが当てはまることの方が多いしwaisの結果も凸凹が多いし、主治医も診断書を書くときは自閉症スペクトラムにして書くって言ってた。自立支援の変更するときの診断書も多分そうだろう。

だから実質上もう自閉症じゃないか。一応グレーだから俺は自閉症じゃなくてただの劣等人間ではないかって思ったりするけど一応自閉症だと不承不承ではあるが受け入れてるつもりだ。そもそもそうじゃなきゃ本を読んで学習したり、ネットで自閉症に効く薬はないのかとか、自分なりに努力してるつもりだ。だというのに両親は自閉症とは思いたくないそうで、こちらが少しでも認めたくないって素振りを見せるとそれ見ろと言わんばかりだ。今はそうじゃなくて一刻も早く自分を理解して対処して行くべきで、その上で音楽作りたいんだけどな。僕は別に恨んじゃいないよ。両親のことは。ただ父と祖母が僕の天敵の積極的奇異型っていうか空気の読めないアスペで腹たつってだけで、あまりにも腹立たしいと乱暴な素振りを見せるけどそれが恨んでるとかじゃなくてそっちも理解して協力してほしいからなんだってば。この前だって僕が今までほったらかしにされといてまーだ愚かにも希望を託して父にどうして俺が発達障害で、こうやって癇癪起こしてるのに俺のメカニズムをネットなり本なりで、理解しようとしないんだ?心配てるだのは嘘かいって言ったらなんて言ったと思う?

 

「気がつかなかった」

The idea didn't occurre to me.

これにはもはやなんと言えばいいのかわからなかった。言い訳か?と聞いたら本当に思いつかなかったらしい。

で、ここでまた僕が両親より自分のメカニズムについて研究が進んでることを明らかにしたい

「そりゃお父さんとお母さんが俺が自閉症だなんて思えないよな、はたから見たら、健常者だもの」それに対して「そりゃお前のいう通り」(父の発言、書類で不備があったのと同じレベルの感じで返答をした)「そうだね、あんたのいう通りだわ」(母の発言、あんたが一番えらい、認めりゃいいんだろみたいな感じ)

しかしこれではあまりにも…

因みに今は音楽を作れないのでCDを買いあさってる。先週の金曜に食費込み小遣いをもらったのだが、もはや三分の一しかない。何故?

追伸、読書メーター始めました。