日記

23歳の自閉症が淡々と自分語りするブログ。ただそれだけ。Twitter:@ghy303

現状についてその6

どうやら僕は発達障害一年生、いやまだよちよち歩きの子供ってところか。自己に対する理解がかなり乏しい。

さっき日曜日に両親が僕が口を酸っぱく半ば癇癪を起こして買ってきた発達障害の本2冊のうち一冊を読んで見たのだが、まあ当てはまる当てはまる。

今のDMSによると色々分類がそれまでにはあったが現状はADHD自閉症スペクトラムがあるだけで、それ以外は、例えばアスペルガー自閉症スペクトラムになってしまうわけだ分類状は。ああして図に書いてもらうとえらい理解がたやすくなる。抽象的なことになると全く想像力が働かなくなるから困る。

僕は本などを人よりは少し読んでるから多分それが社会性のなさを薄めてくれてる。だから礼儀作法とかはわからないなんてことはない。そもそも僕が行った高校は異常に礼儀作法うるさかったこともある。

じゃあ何が問題かというと、自分の知識からはみ出たパターンに出くわすともう何が何だか分からなくなる。例えば昔からなのだが、うちのお勝手を母に手伝ってと頼まれたはいいが何をしたらいいのかさっぱり分からなかった。

小学三年ぐらいになるとやっととりあえず箸と自分のお椀を出せるようになったのだが。当たり前だがそれじゃ話にならない。そっから家族全員の分を出して行ったりと学習して言った。いや、今も学習してるか。とりあえず、こうやって書くとそんなの単なる経験不足だろって話になるが、給食の時はできるのだ。その手順は先生に教えてもらったから。でも家じゃ学校で教わったからできるだろうと家族は期待するのだがこちらは全く理解ができない。応用が難しいのだ本当に。

いまでもそうなのだが、この前巻き寿司を作った。鉄火巻きだった。うまいから好きだ。で、包丁を持って切ろうとすると後で知ったが、鉄火巻きを切るには広告を裏にして、それを切るとうまく切れる。ものを切る動作と広告を裏にして使うという応用ができなかった。こんな単純なことをいちいち教えてもらってなんとかこなせるようになるのだ。

今日も大学でその抽象性が足を引っ張った。他の学校ではなんと呼ばれてるかわからないが、うちの大学では出欠を取るのと授業の感想を書く用紙をリアクションペーパーと呼ぶ。で、そのリアクションペーパーに今日心身同一説という誰が考えたのか知らないが、哲学の1つなのだが、それの問題点を書けという問題があった。

そもそもこれは単位に関わるものなのかそれすら分からなかったし結局そんなことを言われても何もわからない。例えば1からではなく、何かしらのヒント付きでやってくれれば僕もそれらしい回答ができたと思う。実際春の倫理の講義で何故体外受精に関係する技術の出生前検査が流行っているのかとか、その背景に何があるのかとか、問題点は、とかそういう風に問題が設定されてると楽なんだが。因みにその問題では模範的回答をした。倫理の評価がAだったのはそのためだろう。

つまり不意打ちだ。不意打ちに弱い。ちゃんと学んでいたらアスペ特有の記憶力の良さを生かしてそれを元に拙いなりにもなんとか文章が作れる。知識がなければまず勝てる試合も勝てない。そういうものだ。

こういうことを知らずに春学期の頃、みんな頭いいなあそれに比べて俺は…とよくなったものだ。それでも宗教のその日学んだことをまとめよみたいな課題では毎回最高点が5プラスのうち4は取れていた。しかしこれもあまり自身にはならなかった。これは先ほど本に書いてあって前から考えていたのだが、二次障害の1つに自身の喪失とあるが、本の中に自分が今まで失敗ばかりしてきたのに突然成功すると違和感を感じるとあった。このことを差異こそあるが僕も理解はしていた。これに対する治療法はやはりどんどん成功するしかないらしい。だからまあ成功して自尊心をつけるにも努力が必要ということだ。なんて回りくどい話。

これまた本に書いてあったことだが、治療中または未発見の自閉症は外でやっていくのにかなりのストレスが、負荷がかかる。で、本の例としては就活の時期だと言うのにプラモにのめり込み取り上げようものなら心の癒しを奪うのか?と問い尋ねたらしい。全くもってその通りだと思った。我々のように酒や(酒にハマるタイプもいるらしいが)タバコに全くといって興味を持たない人間にはああいうホビーがなくては生きていけないのだ。長い間できないと気が狂う。少なくとも癇癪は出るわ、心が不安定になるわで…これ以上はよそう。

で、先ほどカレンダーを逆算して推理したところ僕のスランプが始まったのはどうも学校が始まったあたりだ。最後に作ったのは9/4。講義が始まったのは16日。確かその間は忙しかったり心が不安定になったりと色々あったと思う。でそれから今日に至る。先ほども言ったがそういうホビーが奪われた結果僕はこの一ヶ月全く心が明るくない。それに癇癪も昨日も起こしてしまった。嬉しいと思うことも長続きしない、まあこれはいつものことだが。それ以上に感覚が弱くなってる気がする。医者の見立てではおそらく今はうつ状態なのだろう。自分でもそう思う。一ヶ月ぐらい前にリチウムを余計に飲めと言われた。今週土曜日にまた増えるのだろうか。

後薬といえば、僕は頭の思考がかなり多動的で、これが役に立つときもあるのだが障害になるときもあるんだけどADHDの人にもこういう症状があるらしい。

もしかしたら僕はADHD自閉症の間の子なのかもしれない。電車の中にものを忘れたりすることもかなりあった。最近はちゃんと対処をしているのだが、それでも定期入れを落としたり、財布を落としたりと色々あった。あの時は本当に大変だった。あっちへ行ったらこっちへ行ってくれとたらい回しにされた挙句払いもしないでいい金を捻出する羽目になった。それに衝動買い。これは多分現状一番直すのが困難ではないかと思われる。

もしADHDだったとしたら僕は二重苦か。いや、ちゃんと対処をして支援していただければなんとかなるだろうが、もはやそれでは要介護だな。仕方ないとはいえ。

もう僕は夢を諦めてる。どんな夢かって?普通になること。

発達障害でも一人前になれるってのが普通になれるって話じゃなくて、これは僕が社交不安と診断されて当時のカウンセラーの先生にしきりにうったえていたことだ。具体的には?と尋ねられると全くどう言ったらいいか分からなかったが。

僕は絵も描いてみたかったし、いろんなスポーツもやってみたかった。大好きなロボットの模型も色々買い漁りたかった。その都度その都度夢を諦めた。

今は夢はないが、今度抱く夢は離したくないな。それだけ。