読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日記

23歳の自閉症が淡々と自分語りするブログ。ただそれだけ。Twitter:@ghy303

ツイッターやってて感じること

今日でこのブログも3週間継続らしい。嬉しいんだか嬉しくないんだか。

ツイッターやってて感じることはやはり俺はどこに行ってもアウトサイダーだな、と。

ツイッターで話題になってることがタイムラインに出てきて僕は興味なかったらスルーするんだけどその話題でタイムラインがいっぱいになると嫌でも目にとまる。そういう時にアウトサイダーだなって感じる。

いやまあ、その話題を見りゃいいじゃんって話なんだけど僕はアスペ(一体この方便をどこまで使えるのだろうか)というのもあって自分に興味のないことをあまりしたくないしするだけでも苦痛だ。誇張じゃなくてストレスになる。本当に。

一種のSNS疲れってやつかもしれない。アスペルガー、なぜ俺はアスペルガーなのか。そりゃま生まれつきだろうけど、アスペルガーだからってここまで自分が欲しくない情報を締め出すものなのだろうか。ここまで非社交的なアスペルガーでもないタイプの人もいるんだろうけどそれは生育歴で変わるのだろうか。

僕は昔からテレビも全くみなかった。どちらかといえばゲームばかりしていた。後ネット。で、小遣いも碌に与えられなかったし頻繁にソフトも買い与えられることもなかったからゲームばかりと言っても1つのソフトをやり込んで実験的なこととかもよくやってたな。

で、まあ、中学ぐらいからかな。なんかそういう自閉的なところあるなって意識したの。でも別にその時点ではどうでもよかった。保健室登校だったからね。でもまあ西も東もわからないのを他の不登校の連中の前で暴露されたのは困ったなあれは。

話戻すけど本当に自分がほしくない情報をTLで埋め尽くされるとパニックになるんだよね。多分これは自分が自閉的なのを意識していてそれになんとかして追いつかないとってなってでもそれは自分がやりたいことじゃないからストレスになるんだろうな。

ネットの原則として(往往にして理解していない人々もいるが)嫌なら見るな、というのがある。あれは理にかなってるし正論だと思う。いつでも当てはまるというものではないと思うけど。

でもリアルじゃどうしても嫌でもみたり、欲しくもない情報を集めていかないといけない状況に出くわす。これは昔から思っていてその都度宥めすかされてきたけど嘘だ。じゃあなんだって僕はしたくもない予習なんざしなくちゃいけないのか。そういうことだ。

で、そうやって不可をかけていっていつかはガタが来るんじゃないかって怯えてる。処理能力が低いのを強化したり、何か別のプロセスによってその不可を減らせたりするのかもしれないけど。

でも例えばそのプロセスが、投薬だとして障害(状況によって障害になってるだけで発達障害は発達凹凸と呼称した方が正確と書かれてることあるけど僕もそう思う)を治すのは結局のところその人間を否定することじゃないのか?うつ病が治るのは薬でもなく環境を変えることだと思うんだけど、あれは後天的で治すことができる。でもこっちは正確には先天的で変えることはできない。投薬もただ症状を弱めるだけで。いくら環境を変えようが無理なものは無理だと思う。

それに本音を言っちまえば行動療法でも自閉的側面を治していきましょう。コミュニケーションの取り方は〜とかって書いてあるが、僕はそんなことはしたくないし負荷がかからない生活を送りたい。

極端な話、健常者の世界に入って要介護の生活を送るために昨日の事件はどう思いますか?だの今の世界についてどう考えますだのなんて質問に答えるために即座に答えを考えといてなんてしたくはない。疲れるんだそういうの。考えたい時に考えて、答えたい時に答えたい。無理だってわかってるし自分本位だと思うけど、突き詰めていくと疲れたくないからこういう考えに至る。マジであっぷあっぷなんだよな。自分のことこなすのに。

まあだから当分ツイッターはまた閉店状態にしよう。