読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日記

23歳の自閉症が淡々と自分語りするブログ。ただそれだけ。Twitter:@ghy303

某大手ブログに記事を再び投稿しようと思う。あれから返事も何もないってことは多分没だったんだろう。

今思えばあれは発達障害のいいとこだけの上澄みでしかなかったな。

で、今度は自分の症状というか、ネットによくある包括的な発達障害としてでなく、発達障害の中の一個人として自分を書いてみたいと思う。

色々とADHDだの自閉症スペクトラムだのと書いてあるネットのページによくあるチェック表があるけどあれは正直全くと言っていいほどとは言わないけど自分がそうかもしれないってやってて感じることはないんじゃないか。だってどこまで言っても自閉症スペクトラムの人は〜ADHDは〜これこれで〜って感じで終わってしまうから。実際僕も診断されるまではたまにチェック受けてあなたは自閉症スペクトラムの可能性がありますって出てもああそっか。みたいな感じでどーでも良かった。だからなんかあれは確かに助けになるケースもあるかもしれないけどそう出ないときもあるんじゃないかなって。

だから自分の体験記とか考えてることを記事にしたら少しは説得力が出るのではって思う。それに僕自身そうだったんだけど自閉症スペクトラムの人は本当に程度があるけど具体的に教えてもらわないと意味がわからない時がある。

例えばよくチェック表じゃ反復的行為をしたがるとか、いつも行ってることができないとパニックになってしまうって書いてあるけど、抽象すぎてわからないんだ。例えば反復行為でいうと僕の場合は定期入れをカバンの中にしまうのを嫌う。今まで落としまくってるのにもかかわらず。いつもあるところにないとパニックになるしどこに行ったか探し回って見つけるまで一苦労する。だからやっぱりズボンのポケットに入れるんだよな。

とまあこう言う風に具体的に言えばああもしかしたらあれもそうなるのかなって思えるかもしれないけど反復行為とはってなってしまう。

だからこうやって自分はこうだったああだったって書けば嫌が応にも生々しさが出るんじゃないかな。前の上澄みなんかよりは。