読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日記

23歳の自閉症が淡々と自分語りするブログ。ただそれだけ。Twitter:@ghy303

おかしな話

よく僕は障害を持ってるとはみられない。まあ僕自身もそうだろうなって思うしそうでなけりゃ健常者がひしめくこの現代社会でうまく22年と一ヶ月ほど擬態できるわけがないし。

この前カートヴォネガットのプレイヤーピアノという本を再読した。あらすじは第二次世界大戦後のアメリカが舞台で、現在よりかなり科学が発展していて科学者以外はほとんどの職が機械に取って代わられてて職につけない人は軍隊か道路の舗装ぐらいしか使い道がないっていうとんでもない世界館で、主人公は科学者で、その体制の地盤を作り上げた息子で違和感を感じているというあらすじ。興味があったら読んでみてください。マジで面白いから。

で、その本に簡潔にいうと機械が機能しなくなり、職にあぶれた人もいなくなり科学者だけになったらどうなるかって話が出てくるのだけど、そこでまたこれが特権階級である科学者の1人がIQ順に淘汰されてくだろうなって語ってる。つまりIQ90代の奴らがIQ80代の奴らを淘汰してそれでなんとかなってる間はまあそれでいいだろうけど、今度はIQ100の奴らがIQ90の奴らを淘汰するって感じで…

僕は今大学生の一年生です。で、今はまだ学問というかなんと言えばいいのかわかりませんが、とても色々なことを勉強させてもらってて講義自体はとても楽しく思います。

僕はIQ87で一応偏差値65の世界にいます。多分、相手がいませんが、カミングアウトしたら驚かれると思います。実際僕自身もう少し上、いや、平均よりは上じゃないのって思ってました。多分話してるとボロが出ると思いますが。いや、ツイキャス来てくださってる方はこいつ頭のネジ飛んでんなって思いますでしょうが。

で、僕は最近優生学って思想をちょっとだけ知って、おそらく偏差値に見合うIQを持ってる健常者ととりあえずは授業受けてる間は区別つかないなって思ってちょっと自信がつきました。このことは記事にもしましたね。事実前期は期末の結果はAとBだけで、今までを考えりゃ及第点と言わざるを得ないでしょう。専攻の英語も平均よりは上でしょうし。

で、こっからが僕が考えてることなんですが、そうやって表面上は健常者と変わらないけど、これは僕の理想像なんですけど、健常者より上に立つなんて言いません、肩を並べれたらいいなって思うんですけど、そういう人物が僕みたいにIQで判断されたらどういうことになるんだろうって思いました。つまり、まあツイッターの界隈によくあるあの健常者による障害者のジェノサイドをIQの優劣だけで判断して実行したらどうなるんでしょう。僕は多分社会が立ち行かなくなるだろうって思います。

だって実際社会ってのは障害者も含めて社会で成り立ってるわけじゃないですか。言っちゃ悪いけどビジネスで利益上げてる人もいるだろうし…

でも歴史を見たらナチスのあれもありゃ日本だってこれまた大学の倫理の授業で学んだことですが、優生保護法ってのがあって生活に支障にないレベルの知的障害者を断種、子宮摘出を本人らが知らされてないうちにやった例があるそうです。今はインフォームドコンセントってのがあってないと思いますが、もし将来上に書いたようにIQで篩にかけられ基準値に至らなかったらアウトなんて世界になったら僕なんかすぐ淘汰されてくだろうなって思います。

まーた脈絡のない文を書いてしまった。そもそもこれじゃ差別主義丸出しじゃないか…

広告を非表示にする