日記

23歳の自閉症が淡々と自分語りするブログ。ただそれだけ。Twitter:@ghy303

発達障害についてその4

最近少し安定してきてるなと思ってたら昨日えらいハイで今日はロウです。これは二次障害の問題なのかそれとも体質なのかどうなのか。

この前僕は自分がIQ87で自閉症で鬱も併発というか正確にいうとうつ状態か、で作曲をしたという記事を書いて、某大手サイトに投稿してそれが掲載された。

でまあ僕自身そこがウリというかこれは良くも悪くも響くものがあるだろうなと考えて自分のスペックを書いた上で作曲できましたよという記事を書いたんだけど、今考えると僕は一体何をしていたのか。どうやってもバッドステータスの塊である僕が極を作るっていう時点ですごいかどうかはわからないがよくやるよなってのはわかってもらえると思う。そして全盛期の僕は一年で三十曲は作ってあの記事に掲載したのはまあ金賞をとった。なるほど輝かしい限りだ。

で、今の僕はというと正直に言おう。作曲というのが重荷になってる。あの記事では確か僕は作曲に関してはいいことの方が多かったって書いたね。でも今は逆転して悪いことの方が多い。もっと正確にいうと負担が多いか。

まあそりゃ当たり前で、僕は当時ほとんど引きこもりで今は毎日学校に行ってる。それに一応1時間だけバイトもしてる。進歩した。これは輝かしい限りだね。更生し始めてるんだから。でも曲の方はもうパーだ。

僕は多分今は学校に行くだけで精一杯なんだと思う。予習もしとかないといけないしね。だから多分これ以上何か負担が要る作業をするとなるとこうやって精神が荒廃するんだろう。今日もこのことでうじうじと考えてあまり面白くない講義だからもう今日は帰ろうかなとかどうせテキスト読んどきゃ何とかなるだろとか考えたが結局行った。このことに関しては別に普通だからえらいとは思わない。

もし、もしだけど僕がASDじゃなくてもっとIQとか高かったらもっと何かこう優秀というかなんといったらいいかわからないが生活の質が高かったのだろうか。

こんなことを考えるのも、前よりは減ったのだが、やはりメンガヘラルドすると僕はいつも押し殺してる考えがあって、それというのも、大学行っても勉強をするだけで別にサークルに参加して活動するとか、友人と話しながら帰宅するとか、飲み会なるものをしたりとかまあ交際を持ったりだとかしてないんだからせめて音楽だけは楽しくやらせてくれって考えで、それができないと僕は一体なんなのかというのが。

これを親父殿に話したところそりゃお前のわがままとか理想が高いとか、そういうお言葉を頂いたのだが、一体どこが理想が高いのわからない。

書いててよくわからくなった。経験としてわかることは僕は理解のない親父殿が嫌いでバッドステータスはいらなくてもっとやりやすいようにやらせろ。これに尽きる。