俺は作曲ができない、それでも俺はCDを買い続ける

ばあさんが僕がCDを買いあさるのが気に食わないのが気に食わないのでとりあえず今月いくら使ったか考えてみることにした。とりあえず枚数は25枚だ。僕は今年100枚以上のアルバムをフィジカルデジタル問わずに買った。その4分の1を今月買ったわけだ。

信じられますか?服も外食にも金を使わずただただCDに金を落とす人間の存在を。

計算が出た。思ったより少なかった。25,404円だった。これでも今月は買いすぎたな…と思ったのだが。いや、いや、CD代だけと考えたら使いすぎか?比較対象を誰かに求めたい。ちなみに毎月、慰謝料として4万持たせてもらってるのだが、この40,000というのは前も書いたかもしれないが、食費や嗜好品などに使えと渡されたのが3万、そして小遣いとして渡されたのが1万。そしてバイトで稼げる金が3500円前後、これが僕の使える金の全てだ。ということでしめて43,500円。確かにこれは側から見たら異常かもしれない。何しろ、誰とも交際せずにただただCDを買いあさるのだから。ちなみに残りの金は、本とソシャゲに課金。服というのは高すぎて手が出せるはずもない。そもそも世の中の大学生ってのはあれは自分たちは一丁前でございますって顔をしているが全部自分で賄ってるのだろうか?まあどうでもいいが。

ああちなみに飯代はおそらく5,000も使っていない。水はまあ今月はサボって毎日買っていたが、飯代自体は先月、先々月より減っている。食べ物自体には250円ぐらいしか出していない。そして昼飯を週に3回ぐらいしか食べないから多分あってる。

ああ断っておくが、買い物依存ではない。ちゃんとCDを買ってリップしてiPhoneに入れて毎日気分に合わせて楽しんでいる。ただどうもその買う時の気分によって買うCDのジャンルが違ってしまう。だからこんなに買うのだと思う。例えば腹立たしい時は攻撃的な音楽を、気分が沈んでる時は環境音楽やノイズと言ったり、聴き流せる音楽を買うのだ。ちなみにさっき25枚CDを買ったと言ったがそのうちの2枚しか歌詞付きの音楽はない。ちなみにそれは、ラブライブ!関連の曲だ。今のところAqoursはコンプした。μ’sは集めてる最中。いやいや彼女らの歌声は素晴らしい。そして編曲もだ。多分に電子音楽の要素を取り入れたり、フォークやメタルや電波ソングとまあ…色々楽しめる。聴いていて楽しい。

まあ話はそれたが僕はきっと来月もいろんな音楽を買って楽しむのだろうね。多分音楽をこんなに偏執的に求めるのはいかなる場所でも気軽にアクセスできるからだろう。本やアニメはこうはいかない。本は場所によっては読めないし集中力も続かない時とかもある。アニメはテレビの前や時間の制約などこちらが受け身にならないといけない。しかし音楽は違う。満員電車であろうとどこであろうとiPhoneで一発だ。いつでも思うがまま。この支配欲が満たしてくれないものを満たしてくれてるのかもしれない。