読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日記

23歳の自閉症が淡々と自分語りするブログ。ただそれだけ。Twitter:@ghy303

皆さんはフレーム問題というものを知っているだろうか?これは哲学者ドレイファスという人物が自身の著でAIの欠陥を指摘した。そしてこれに名前をつけたのがマッカーシー、ヘイズという哲学者が概念化した。

問題のフレーム問題だが、これは人間なら簡単に処理できる問題がAIでは処理できないというものである。

よく知られた例でいうと、ワゴンの上に爆弾とロボットのバッテリーが一緒になっていてロボットはこれをそのまま持ってきてしまい、爆破してしまうという話。人間ならば簡単にバッテリーだけを持ってきて爆弾はほっとくだろという話。つまり本質だけを理解してどうでもいいことは無視すればいいんだけどAIはそれができないってこと。

でもこれはAIだけでなく時には人間にも陥るらしい。例えば人に迷惑をかけるなって言われてどこまでが人の迷惑になるのかわからないだろうって例が上がっていた。物事の本質的なところに焦点を当てて枠組みを与えるからフレームというらしい。

で、僕はアスペルガーでこんなことはしょっちゅうだ。例えば何かあったかと聞かれ何が?って話になる。いや話の筋を聞けばああそういうことかってわかるけども。これでは説明になってないと思うがどうかわかってほしい。本当にアスペルガーってのはこういうもので人の意図がわかりづらく、自明の理だとしても自分の知識の中に落とし込まれていないとダメだし説明も下手くそ。

で、まあこういう勉強してくとああ本当に自分はできの悪いAIみたいなものだなと思う。フレームがいくつもあってガチャガチャぶつかってしまい、それで何を言ってるのかわからず、頭が疲れてしまうのだろう。