読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日記

23歳の自閉症が淡々と自分語りするブログ。ただそれだけ。Twitter:@ghy303

本を読むのがしんどいので

タイトル通り最近本を読むのがしんどい。昨日は水曜日で一時限目から大学に行って寝る時間が少なくて無理で、今日はなんか動悸がするしイヤフォンのパッドの右サイドのやつが家にあるから遮音性がダメになってるのもある。そして今日もBrian eno

まあ本は読める時に読むことにすりゃいいのだが、読書をやめると何していいのかわからなくなる時がある。なぜかというと読書ができないと他の活動もほとんどできない状態になるからだ。唯一ツイッターぐらいはできる。でもツイッターばかりはなんかまずい気がする。勝手だが。俗に言うツイッター廃人っていつ読書をしてるんでしょーか。

ツイッターといえば昨日はLSDの話題があって、僕は前にハクスリー氏のメスカリン体験を読んだことがあるので少し興味があって語ってしまった。ちなみにLSDとメスカリンの違いは化学合成か天然かの違いらしい。LSDが化学合成、メスカリンはサボテンからできる。確かペヨーテっていう奴だったか。化学合成のドラッグはまあ俗にいう有害物質らしく、天然の方はたまにバッドトリップと言って酷い抑うつ状態になるらしいが、LSDとは違うらしい。知識があやふやで申し訳ない。

で、僕はどうしてこのLSD及びメスカリンを知ったかというとメスカリンは先も書いたようにハクスリー氏の著作、知覚の扉を読んで知った。体験記とどうすれば有益に使えるかと言う論文で構成されている。面白いので興味ある人は是非。

LSDの方はこれまた音楽の話になるが、音楽ジャンルにアシッドテクノアシッドハウスというのがある。

Hardfloor - Into the Nature - YouTube

この曲の反復されているグニャグニャ言ってる音がお分かりいただけるだろうか?これがアシッドである。この音がどうこういうのはここでする話ではない。残念ながら。

アシッドというのはLSDの隠語、つまりアシッドハウスアシッドテクノというのはLSDをやった時の感覚を思い出させてくれるらしい。実際にアシッドを聴きながらアシッドをキメていた場合もったらしい。

で、こういうわけでLSDを知った。

ここからはハクスリー氏のメスカリン体験記から知ったことだが、メスカリンをやると意識がぼーっとし始めそのうち色々なものが美しく見えるらしい。そして氏曰く、偏在精神(意識だったか?)があってそれは人間の精神につながっていてもしそれが繋がると脳がパンクするらしい。メスカリンはそのチャンネルを少しだけ開いてくれるらしい。そしてその偏在精神に繋がっていると色々なインスピレーションが湧くらしい。そして面白いことにメスカリンを使って創作されたものをメスカリン使用者が知覚するとわかるらしい。ああこれはメスカリンを使用して作ったなって。

終わり