読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自閉トロニカ

23歳の自閉症が淡々と自分語りするブログ。ただそれだけ。Twitter:@ghy303

最近気がついてしまったのだが、おそらく僕は両親があまり好きでない。

まーあそれには色々あるだろうけど幼少期から仕事人間だった父、そして過干渉かつヒステリカルだった母。

父のことのついてはまあ昔から接触がなかったのでエピソードとしては挙げることはすくない。が、問題は母だ。

昔から学校に行きたがらない僕をなんとか学校に行かせようとしてそれに応じなかった上に親族とのイザコザもあった。それに父が仕事人間だったのでほとんど一人で僕と兄を育てたようなものだ。

だからまあそんなわけで夫婦喧嘩もしょっちゅうでそれに対するとばっちりもたくさんあった。無視もされたし、自分の子ではないと言われたりもした。

正直言って、小学生の頃ずっと母が怖かった。いつ怒鳴られるのかわからなかったから。

時は流れて高校生。それからも色々あった。高校に馴染めないことや問題があればまず対処法よりもおまえが小学中学と不登校だったからいけないと頭ごなしに否定された。

いじめられた時も父は冷徹だった。母も相手の気持ちを考えろ。それに尽きる。話しても無駄だった。今考えると。

僕としてはいじめられたことやアスペルガーなのは別に両親に問題があるとは思ってないし、好きでこんな風に産んだとも思ってはいない。

けど、確かに母が言うように冷たいことや否定(あくまで僕が感じてる)されても一緒に考えてきたとはいえもっと言い方や接し方を考えて欲しかった。そしてこのことを言うと難しいと苛立った声で一蹴される。

そんなわけでもはや両親に精神的な面では頼る、と言うか期待はしていない。この前どうにも両親と話がしたく話したが、ありゃ単なる癇癪で何か救いを求めたわけじゃない。