今日はアルジャーノンに花束をを再読している。初読は17歳の今ぐらいの季節だった。あの頃とは感じ方や伝わってくるものが異なっていて奇妙だ。

いずれにしろこの作品が傑作だというのは変わらないが。

あの頃はこの作品に多大な影響を受けたのだなとよくわかる。