普通になるのを諦めた

今日は天啓というかなんというかふと俺は普通になるの無理だなと思った。まあ多分朝からソラナックスを服用したのとデイケアに行ったのが決め手だろう。

で、思ったのがそもそも普通ってなんだって話。

某サイトに書いた記事でも書いたことだが僕はメンタルがボロボロの時に主治医に宮地さんが言う普通とはなんですかと訊かれなんとも答えることができず、その上普通っていうのは自分で規定するものですと言われてしまい、突発的に自殺未遂したのだが、今はまあこう思う。

あの当時僕が描いていた普通とは世間一般に蔓延る普通というレール(これまた抽象的だがこれを読んでくれる人はわかってくれる人もいるかもしれない)のことで、自分はそのレールに乗れていないから普通じゃないって言いたかったんだと思う。

で、僕は発達障害の傾向がある上にそんなレールに生まれてこのかた乗っかった思いでがないのでもう無理だろうと今日思った。上に書いたけどソラナックスがどーのデイケアがどーのよりこっちが正解だな。書いていて思い出してきた。

じゃあ普通を諦め自分なりの普通を構築しろという主治医の教えに則って生きて行くのが正解なのだろうが今のところそう簡単に行かないだろうしレールに乗っかった人々(あくまで主観的にだが)を見ると辛くなるだろうな。

まあとりあえず僕は良くも悪くも普通になるのを諦めました。おしまい。