なにもできないじゃないか

僕が大学に入ったのは英語が話せるようになりたかったからだ。でも最近それは無理だなと思ってしまった。

第一に留学できないから。英語を話せるようになるにはそれが手っ取り早いと思った。でもそれは無理だなって思った。だって今でさえ体調がはっきりしない上に僕は発達障害の上双極性だから。

そりゃもし発達障害だけだったら努力すればなんとかなったかもしれない。

が、双極性ってのは精神の糖尿病よろしく一生付き合っていかないといけない病気らしい。だからそんな人間が留学なんて難しいだろうと思う。

なので大学を中退しようと思う。

やりたいことがなくなってしまったら僕みたいな人間は大学に通うのは難しいと思う。これも理由があって僕はそもそもが内向的な人だしゼミだとかそういう話し合いを伴う授業にはついていけないだろう。

じゃあなんでそれがわかってるのなら大学に入ったかというとだからそこで英語が話せるようになりたいっていう願望があったからだ。

つまりその原動力を元になんとか頑張れるじゃないかって思った。でもそれももうなくなった。なくなってしまったのだよ。

だからと言って中退することはないだろうにって思うかもしれないが、上記したように体調がはっきりしない上に内向的だから人と会話するのが難しい。

今だってデイケアに行っても誰とも話せずに4時間音楽を聴いて本を読んでる始末だ。そんな人間がゼミだのなんだのに参加できるわけがあるか。

今から直せとかそんなの最終的にどうなるかわからないだろうとか思われるかもしれない。けど今までそうやってやってきたけどどうにもならなかったのが現実だ。これ以上どうすればいいってんだ。

とりあえず明日学校に行ってカウンセラーの先生と面談する。それが無理でも電話で相談に乗ってもらう。それで問題が解決するわけでもないが。

多分僕はどうにもならない人間なのだろうな。感傷かもしれないがどうしてもそう思ってしまう。

で、そしていつかはどうにもならなくってしまって死んでしまうだろう。もう疲れきってるんだなきっと。

音楽もダメだった。なにをやらせても昔からダメだった。