今日は突然予約して病院に行ってきた。で、昨日起きたことというのは学校のカウンセラーの先生の前でもう死んでしまいたいと言ったことを話した。

先生はどういうわけかいつもより長く時間を割いてくれた。

で、どうしても人と話せないという話題になった。まあそれもしたかった話の一つだったから好都合というかなんというか。

話していくうちに僕が人と話すのが苦手なのは僕が小学校中学頃に普通の人やるはずであったことを経験してこなかったらことに起因するらしい。

それで僕はかなり取り乱しそうなのは発達障害の傾向があるから、つまりグレーゾーンだからですよね?って言った。お前は怠け者だとかお前が何もしてこなかったからだと言われてもいないのに。

これにはきっと昔から病気でもないのにただただ学校に行かない、つまりズル休みをしてそれで叱られていたことに起因するのだろう。高校になってもよく両親や教師、果ては友人にも言われ続けた。いわばトラウマになってるらしい。

でも僕としては学校に行かなかったのではなく、行けなかったのだ。あの頃は分からなかったが、今ならわかる。

スピーチ、学芸会、教師のヒステリックな怒声、緊張、そして自分のボケっとした頭のせいで怒られる。

もう毎日が怖くて仕方なかった。だから行けなかった。

それを話しても誰にも理解されないのではないかと今でも思う。

だから今日発達障害の傾向があるからですよね?自分が弱いからじゃないんですよね?あれは仕方なかったんですよね?とそんな必死な気持ちで聞いた。

答えはそうであるし、そうでないといったものだった。つまり僕は社交不安と発達障害の間の子、ボーダーだ。

まあこのボーダーってのはウェクスラーを受けて結果が出た時から言われたことだが。

で、ここからは今日の病院の話とはなんの関係もないのだが、僕は前から自分がグレーゾーンだからどこからが発達障害でどこからが甘えというか、弱気から来てるのか分からずそれに苦しんでる。

重度の障害じゃなくて明言はされないものの軽〜中度の障害だと思う。

だから度々葛藤というか思い悩んでしまう。