イマジナリーママ

こんばんは、宮地です。久しぶりにブログ更新したいと思います。

今日質問箱を使ってたんですが誰からも質問が来ませんでした、

な・の・で、セルフ質問箱をすることにしました。ま、早い話が自分語りですね。

でもネタがない。そうツイートしたら誰か優しい人が理想のママでも書いてくれと言われたので書きました。

で、まあ書いたは書いたんですが、結局のところ恥ずかしさが勝って要約程度に収まってしまいました。

なのでまあこっちでもっと詳しく書きたいなと思います。

まあやっぱいつもはとても優しいんだけど間違ったことをしたら真剣に叱ってくれて辛い時は抱きしめてくれて、母性的で甘えさせてくれるようならママがいいですね、あくまでもイマジナリーだけど。

まーあでも僕は自分という人間があまり好きでないのでそうやって甘えさせてくれてる時でもなんだこのブサイク気持ち悪いなって思っちゃうんでしょうね。

ここで言いたいんですけど僕は昔はそりゃ可愛らしい坊ちゃんでしてね、やっぱママに甘えるのは小さい子がいいと思うんですよ。それもかわいい子供が。微笑ましいですからね。なんてったって。

そもそもなぜこうもイマジナリーママにすがりたいかというとそれは幼少期に攻撃的な女性ばかりに囲まれたってのが多分原因なんでしょうね。

母には山に捨てられかけるし不登校だったから学校に行かなかった日はろくに口も聞いてもらえもしなかったし、僕はアスペルガーってのもあってよその人に言っちゃいけないことを言ったりしてこっぴどく怒られたりもしました。教師陣もヒステリックな方ばかりでしたしね。だからそういう優しくて母性的な女性に惹かれるのではないでしょうか?

以上終わり。